スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後は通常営業。

2013.08.31.Sat.09:00
前回はこちらです。

無事に手術も終わり、平穏に過ごしていました。
会社にも復帰してお仕事三昧。

今日からは女性の病気ではなく、全ての方がなる可能性がある病気。
ちょっと汚い話になる事もあるので、苦手な方はスルーしてくださいね。
卵巣の手術から約2か月。
生活スタイルも完全に元に戻り、仕事も変わらず行ってました。
早番(6時ぐらいから)も月に1回ぐらいあったりして。
泊り込みはさすがに断っていたけれど(苦笑

で、2か月半ぐらいかなぁ。
その日も早番だったので、旦那さんに無理を言って朝4時過ぎぐらいに駅に送ってってもらって。
電車に乗った直後、なんだが胃が痛い。
シクシクするなぁ・・・と。

けれど、元々胃が弱いのか時々胃痛がする事が。
だからどうせいつもの事だろうと。
そしてちょうどその時、歯が痛かったんです(笑
歯が痛くて、鎮痛剤を飲んでいて。
胃薬は飲んでなくて。

仕方ないなーと。
帰ったら胃薬探そう~と思って、そのまま会社へ。

だがしかし、痛い。
痛みは少しずつひどくなっていく。

そして何を思ったか、「そうか!何も食べないで薬飲んだからいけないんだ!」と思い(笑
買ってきたパンを少々・・。
自分凄い。

でもどんどん痛くなってくる。
朝礼も出れず、上司が事情を説明しているのが聞こえる。
でも痛い。もううずくまるしかできない。
おかしいなぁ・・・ほんとにおかしいなぁと。

見かねて社内で一番偉い人(外人さん)が、病院行ってきなさいと通訳を通じて言ってくれる。
もう一人、同じ役職の人(日本人で物凄く優しい方)も、心配そうな顔で言ってくれて。
仕方ないので、斜め向かいにある新しくできた病院へ。
病院っていうかクリニック。

すると、できたばっかりでとっても綺麗。先生は・・・おじいちゃん。
胃が痛い事を伝えると、エコーで診てくれる事に。
エコーを見ると、腸汁?が結構出てるけど問題ないですねーと。

急性の胃炎でしょう、と。
結局、胃薬を出してくれる事に。

隣の薬局にお薬をもらいに行くと、待ってる間あまりにも辛そうにしている私を見かねて、
薬剤師さんがその場で薬を飲ませてくれました(苦笑

とりあえずこれが最初。
とにかく”胃”が痛かった・・・。

パンシロンG 48包[パンシロン 胃腸薬/胃痛・胸やけ(制酸・胃粘膜修復)/顆粒・粉末 ケンコーコム]【第2類医薬品】

価格:980円
(2013/8/30 15:46時点)

関連記事
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。