スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと判明。

2013.09.03.Tue.09:00
前回の記事はこちらで~す!

なんとか無事にかかりつけ・・・というか、前回の手術の時に入院していた病院へ到着。
すぐに救急の診察室に運ばれ、ベッドに寝かされ。

そして痛みが酷かったので、前回の手術前に打たれた点滴を。
その点滴は、即頭がぼーっとする点滴なのです。
名前忘れたけど。ちっちゃいパックだったなぁ。

そしてそのまま、当直の先生に診てもらいます。

ICU・ERなど手術現場でサポートする高機能手術衣【133】★アプロン スクラブ(12色対応)男女兼用★【アプロン】【AP-RON】10P01Sep13

価格:2,798円
(2013/9/2 13:33時点)


しゃっ!とカーテンが閉められて(笑
またもやエコーで診てもらいました。

そういえばこの時、点滴のおかげでぼーっとしていて、
更に意識が飛んだりなんだりで、全く時間がわかってません。
なので、ちょっと時間が前後するかもしれません。

エコーは結構時間かけてたような気がします。
何度も何度も、痛いなぁ・・・と思いながらぐりぐりーっとエコーで(笑

結果、軽い腹膜炎と昼間は言われていたので、そうなんだろうと思ってたら
なんだろう、ビックリです。

「う~ん・・・腸捻転だねぇ・・・腸閉塞になってるねぇ・・・」

\( ~∇~)/ エーーーッ!!
胃炎でも腹膜炎でもなく、腸ですかあああああああ!!?!?!?

みたいな。衝撃の事実でした(笑

腸の上の方なんでしょうね。
ねじれてなんか随分とからまったというか。。
それで胃が痛いと思ってたらしいです。

そして腸捻転とか言われても、何が起きるのかわからない私に、またもや衝撃の一言が先生から。

「手術だねぇ。」

エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜
思わず、

「・・・またですか?」

と聞いたら、

「またですね^^」

と、ニッコリ返事してくれました。
またかよ・・・。

そうこうしているうちに、旦那さんが到着。
今思えば、なぜ旦那が病院に直接来たのかわからないけど。
もしかして誰かが連絡したのか?
それとも、迎えに来てっていう電話の中で話してたのか?

今ふと書きながら疑問に思ってしまった。


そして旦那さんの顔を見るや、私大泣き。
朝?明け方?からずーっと痛くて、どんどん痛くなって。
しかもまた手術だと。
泣きながら旦那さんに、「また手術だってぇぇ・・・」と言った覚えがあります。
そして旦那にも「またですか。」と、苦笑しながら笑われました(笑

その後は急きょ、検査。
血液検査やらレントゲンやら。MRIはなかったです。

ストレッチャーで運ばれて検査室に行くのですが、レントゲンが辛かった。
立って撮らないといけないらしく、必死で立とうとするも、膝から崩れるっていう・・・。

検査技師さんかな?が、「そこにしがみついていいから頑張って!」と言われた気が(笑

なんとか検査終了。
やっぱり腸捻転ですねーと。
薬で治せるけれど、手術の方が楽だよと言われました(笑

結局、手術することになりまして。
ちょうどその時の宿直の先生、結構腕のいい消化器系の先生だったらしいです。
看護師さんにも、「すばるーがーさん、ラッキーだったよ~!」と言われました。

ただ、申し訳ないのは帰宅したばかりの麻酔医の先生、呼び出されてしまったようで・・・。
すみません、麻酔医の先生・・・。

そして深夜12時過ぎだったかな?(旦那談)手術室へと運ばれていきましたとさ・・・。

気になる下痢・便秘・腹痛 腸の病気にならないために

価格:998円
(2013/9/2 14:02時点)


関連記事
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。